寒色系のカーテン

寒色系のカーテンは気持ちを落ち着かせる

カーテンは部屋のインテリアの中でも大部分を占める重要な部分で、季節ごとに模様替えしているという方もいるでしょう。寒色とは視覚から寒さや冷たさを感じさせる色味のことで、青や青紫、青緑など全体的に青っぽい色を指します。寒色系のカーテンは部屋に落ち着きを与えたり、集中力を高めたりする効果があるため、書斎や勉強部屋などに用いると効果的でしょう。 暖色系のカーテンを選ぶ際には、色の彩度や明度といったトーンも大切です。原色のようなビビットな色味は部屋のアクセントとして用いることができ、ペールトーンのような優しい色味はその他のインテリアとも馴染みやすいでしょう。このように、同じ寒色系のカーテンでも彩度や明度によって部屋の印象を変えることができます。

寒色系カーテンが与える具体的な効果

寒さや冷たさを与える寒色ですが、色の効果を理解し上手くインテリアに取り入れることで家庭での時間を快適に過ごすことができます。例えば、寒色の代表的な色味である青は気持ちを落ち着かせる効果があるため、勉強や仕事に集中できるように書斎や勉強部屋などに配置する良いでしょう。また寝室などに青色を配置すると眠りに入りやすくなるという効果があります。なお青には食欲減退効果もあるため、食事をとるリビングやダイニングなどは避けるのがおすすめです。 その他にも青は寒さや冷たさを与えるため、夏などの暑い季節には涼しさを演出してくれます。寒色系カーテンには気持ちを落ち着かせたり、涼しさを感じさせたりする効果があるため、こうした色の特徴をよく理解した上でカーテン選びをしましょう。

© Copyright Curtains Are Needed. All Rights Reserved.