遮光と採光度合いを調節する

お気に入りのカーテンを遮光カーテンに

遮光度を確認して購入したはずなのに、朝部屋が明るくて起きてしまった…なんでことはありませんか。すぐに買い替えることもできないので困ってしまいますよね。

そのような場合には、遮光ライナーをお勧めします。裏地ライナーとも呼ばれます。カーテンフックにカーテンと一緒に簡単に取り付けられるので、とても便利です。気に入った色や柄のカーテンが遮光性のない場合でも、遮光カーテンに変身させることができます。

また、遮光カーテンを使うことによって、明るさを調整するだけではなく熱や音を遮断してくれる効果もあります。
一般的に遮光性が上がるほど、その効果も上がります。冷暖房の効果を上げたい、外からの音が気になるなどと思っている方はカーテンを見直してみるのもいいかもしれません。

自然光を取り入れて明るいお部屋に

部屋の中を外から見えにくくするために、レースカーテンを使用している方も多いと思います。また、お部屋の雰囲気を変えるのにも役ちます。

レースカーテンは直射日光を和らげてやさしい光のあるお部屋に変えてくれます。また、紫外線を防ぐ効果もあります。最近ではミラー効果が高いものであったり、デザインや色も豊富で好みやお部屋の雰囲気によって選ぶこともできます。

お昼のうちは部屋の中を見えにくくしてくれるミラーカーテンですが、外のほうが暗くなると効果は逆になってお部屋の中が丸見えになってしまいますので注意してください。

ミラー効果にこだわってみたり、レースの柄にこだわってみたりたくさんのカーテンの中からぜひお気に入りの一枚を探してみてくださいね。

© Copyright Curtains Are Needed. All Rights Reserved.